自己紹介

藤乃薫

Author:藤乃薫

人狼にはまってます
(るる鯖Love!)
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
INベテルギウスサーバー
メインID:ヴァーラ・ヴァール





累計の訪問者数
現在の訪問者数

ご報告
カテゴリー
最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローグ

強いローグになりたかった。
メインの頃からずっと憧れていた。

メインを育てたときは何もかもが新鮮で。
全て自分で考えなきゃいけない時代だったから、
自分で考えてステフリして、
でも、結局は振り方がイマイチな、
中途半端なアサシンになった。

だからこそ
強いローグになりたかったんだ。

でも
ボーっとしてこんなことになってたり
HPMP0



ついつい
ガールベア


買っちゃったり(;゚×゚)プッ
ボーイベア


あんまやってることはメインの頃と変わらない(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

違いといえば、レベルの上がる速度くらいだろう。
本当に進歩がない。

いや、進歩はあったんだ。
メインの頃とは違って、
たくさんの人に囲まれて戦っている自分がいる。

一人では倒せなかったガディ
ガディ

いろんな人に協力してもらって倒したp^w^q

魔神の血(黄)を求めてさ迷ったカバルツは、メニに道を何度も尋ねながら歩いて。
ニグレックだっけ・・・?

コイツとも戦ったネヾ(@^▽^@)ノわはは
この頃は皆が結構強かったから一瞬で終わってしまったけれど、
オレ1人なら、どうなっていただろう?

ゼロマインではダワサを見つけ、だわさ(ノ`д´)ノ

合唱しつつ記念写真o(>▽<o)(o>▽<)oキャハハ

集合写真

ついでに記念写真も撮っちゃったσ( ^ー゚)♪

PT狩りに参加し、参加してもらって、
本当にたくさんの人の力をかりて、
今では、ガディもソロで倒せるようになったよ。ソロガディ


18日間という短い期間でここまでこれたのは、皆のおかげです。
今もう一度
心から言わせてね

【。+゚ぁりヵゞとぅご±゛ぃまUナ=。+゚】ヾ(・ω・`o)

皆と一緒にいた時間を心の支えに。
オレは、羽を広げました。
転職


ssはやっぱり失敗してました・・・・・・Orz
スポンサーサイト

ある日の提案



先にある日の会話でを読んでいただけると話が繋がりやすいんだ☆ 
読んでない人はつらつら書かれた長文を我慢して読んでみてほしい。
読んでない人、興味ないからこちらを読みたい人はどうぞどうぞ読んでくらはい(○゚ω゚)(○。_。)ペコッ




さてさて。
製造のことに花が咲いたときに、ふいと思ったことがあった。
ステフリがものをいうゼネピック

こんな感じにね。
今はゼンフリが推奨されるゲームだから、はっきり言って皆同じようなキャラクタが組みあがる。
けれど、
バランスは自分がとる

こんな風になったら、面白みはぐっと広がらないかな?

まとめるとこんなカンジ?
ゼネピッククオリティー

あ、ちゃんと運営の鬼畜さは残してます(爆)

でもこれにはれっきとした理由があって、その理由こそが
バランスと製造が繋がる瞬間

というわけだ☆ъ(*゚ー^)> パチンッ♪

ステフリは製造と密接に関係するとなれば、しない人はいなくなる。
矢とかその他が製造できればカッパやヒストンが意味を持って動き出す。
レア武防具の意味が薄れるかもしれないけれど、手軽ですぐに金に出来る貴重な資金源として存在できる。
製造武防具が0kでしかNPCに売れないからね。


当然のことだけど敵にもステフリをつけると
敵にもステフリを

課金の効果が引き立つと同時に、課金しなくとも十二分に戦っていける仕様にならないだろうか。

ステフリに関する効果はこんな感じで提案☆
ステフリがものをいうゼネピック

パラディンの皆様ごめんね(;。・人・。)

長々と話して、最後の結びはポイント0のことに。
話の終わりに


もちろんこういう仕様になっても結局不平不満は出るのはわかってる。
でも、ここに書いてあることの一部でも実装されたら、
今より少しゼネピックが楽しくなる気がするのはオレだけじゃないと思いたいな・・・☆

長々と失礼☆
読んでくれてありがとうでした(m*´∀`)mペコリン♪

ある日の会話で

とある日の事。
ssの日付を見る限り、まだローグである3月18日のことなんだけど。
Lv71目指して祭壇への道で暴れていたとき、かわいいアーチャの女の子をナ・ン・パ(〃ω〃) キャァ♪
一緒に狩ることになりましたアヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

手探りの会話1
初対面に加えLv70とLv38というレベル差がなんとなく気まずく、黙って狩るのが苦しく感じて。
少しでも会話で誤魔化そうと手探りで話題を探していた。

そんなとき、彼女がポツリと製造に関することを呟いた。
きっかけの一言

確かにそうだ。
作れればスカアチャサジの負担は大幅に削減されるわけで。
かつて一度、矢をドロップしてくださいという要望書は出したんだけど、無視されてるもんなぁ・・・・・・(=ω=)

話題が見つかった瞬間、二人とも妄想たくましい想像力が豊かだったのも手伝って、話題が広がっていく。
矢についての話題がまず広がって、
広がる話題


WTが点滅したことから話題がギルド倉庫に移り(ここはギルド倉庫詐欺はやってるから省略するね)、
今度はそこから話題が製造へ。
製造できたらいいのにね

お互い、アコを持っていることが発覚してるがその辺は気にしない方向で(・ω`・)bヨロシク!

もし、剣や服だけじゃなく、手袋や靴、帽子、盾が製造できたときの利点は
製造の利点

彼女の言葉どおりだと思う。

MPの大幅アップもさることながら、魔防跳ね上がるならニードルを始めとする魔法攻撃はずいぶんと軽減される。
そうなれば、初心者だってファイアフェアリーを恐れることなく狩れるってこどだよなぁ。
卵クエがやりやすくなるよヾ(@^▽^@)ノ

ねぇ、運営方。
どうせならいっそ、
製造を練成する

ここまでやってくれると嬉しいよ(〃ω〃) キャァ♪

ここまでが製造に関するお話でした♪
ここからステフリの事に関して触れていくことになるので一度区切りでし ゞ(≧∇≦)ノシ
この言葉で探してみる!
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。