自己紹介

藤乃薫

Author:藤乃薫

人狼にはまってます
(るる鯖Love!)
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
INベテルギウスサーバー
メインID:ヴァーラ・ヴァール





累計の訪問者数
現在の訪問者数

ご報告
カテゴリー
最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月24日<悔しかや、自分の弱さを放置した代償きたこれ>

 悔しか!
 ほんま悔しかや!
 

 旦那様に輪廻連れて行ってもらって、眠気がない状態ならちゃんと精霊でも輪廻まわせてv
 異が100こたまって!
 輪廻させる予定の防具、前段階のものがそもそも作れていない ♪~(゚ε゚( )ピーピープー

 本日の褒章がサンゴクで!
 やってみたかったので一人で桃D(ベテルでは幻Dというらしい)に挑んで防衛2つ成功させて突破して、サンゴクまでの道を掃除して!
 サンゴク倒せない ♪~(゚ε゚( )ピーピープー
 
 もう気分はこんな状態↓

 基礎が崩れてるとこうも不具合だらけになるのねぃ。 
 はぁ・・・Orz
 もうどこをどう変革したらいいかを考えるのすら疲れたよママン
  
スポンサーサイト

2012年1月22日<うにゅ? リンネってこんなだっけ>

 琥童さんと一緒に輪廻に行ってまいりましたv
 マズはじめに神楽で参加させてもらってアレー?
 ご飯を挟んで志乃禅で参加させてもらってアレー?
 そう! ほぼ一週間ぶりでしかも以前いった職業とは違うため感覚が違うんです。
 志乃禅のときにいたっては職業が違う+眠気MAX! だったので動きがががががが
 一緒に行った方、盛大に護符削ってタラゴメンネぇ><。


 あと!
 Gのほうで行った黄昏弾丸ツアーにて思ったこと。
 「知恵を絞ればいくらでも手法がある」
 頭が回るように、常に考える姿勢が大切だって分かった。

 

2012年1月16日<たまに本気で思うんだよ>

 琥童さんと一緒にいられる時間は1日の中で約2時間。
 お互いリアルで色々ある以上、残りの22時間はほぼ確実に会えないわけです。
 ・・・寂しい。
 琥童さんがいない時間だけ一緒にいてくれる人を募ってみようかな。
 できれば中身同性キャラ異性で。

 あと運営のほうで告知があったのでssをぺたり。
Update On 2012・Jan Formal?SS
 買うかどうかは未定です。

2012年1月14日<ああ、解かった>

 黄昏がどうしてもイヤな理由がやっと解りました。
 もともと黄昏がすごい苦手なのですが、フレに頼まれた場合は人がいなければ穴埋めで参加するんですよね。
 けれど、そういう人に限って「欲しいのはテウターテスのドロップなんだ」といいながら「ここまできたからツイデにフレキも」「もったいないからオデンも」とどんどんボスを追加していくんですよね・x・`;
 んで、実を言うと装備の悪さにコンプレックスがあるのと死ぬのがものっそい嫌いな性分なのがあり、シノが死んだら別精霊だしてでもリザしてます。自分の経験値が経るのもヤだし、自分がふがいないせいで周りを死なせたっていう罪悪感もあるからですね。
 しかしこの行動がどうやら「この人どうしてもボス倒したいんだな」と誤解され何度も全滅しつつも結局ボスを倒すわけです。
 終わった頃にはやりたくないボスを我慢してたストレスと、死なせた罪悪感と、解ってもらえないイライラで爆発寸前。こういう状態を何度も繰り返して繰り返して、文句言わず我慢してたから結局黄昏が嫌いになったんだろうな。
 うむ。
 やっぱりできる限り黄昏のお誘いは断ろう。

2012年1月12日<1.5倍じゃない日は以外とやることがないね>

 ご飯が早く終わったのでいつもより早くINしてv
 旦那様と一緒にペアクエして。
 しかし[木曜日]のサンゴクはおいしくないからと褒章やめておいたらやることがなく=w=
 二人でヒマダネーといいながら時間を過ごしておりました。
 ラブラブな夫婦の皆様、1.5倍じゃなくしかも21;00から予定があり褒章がハーゲンティだった場合、空いている1時間は過ごしてますか・3・



 あと。
 1年近く続いた宴がついに幕を閉じるそうです。
 終わりが新たな始まりを告げる
 デネブからの撤収組みから聞いたデネブのうわさにいいものはなかったです。まあ、イヤな思してベテルに引き上げてこられたのですから当然かもしれませんね。ワタクシも直接もぐりこんだのではないのでデネブがいいサーバだったのか最低なサーバだったのかは分かりません。
 ただ終わりは始まりを意味するわけでもあり。
 「統合するまで」という最終目的を失ったデネブ民がカペラにいったとき、何か目標にできるものがあることをお祈りするまでです。
この言葉で探してみる!
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。