自己紹介

藤乃薫

Author:藤乃薫

人狼にはまってます
(るる鯖Love!)
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
INベテルギウスサーバー
メインID:ヴァーラ・ヴァール





累計の訪問者数
現在の訪問者数

ご報告
カテゴリー
最近のコメント

耳にイヤホンつっこんで、爆音で脳に音楽ぶっこんで

 今日もご機嫌にウォーキング10km。
 日が高いと日差しが刺さって痛いですが、落ちると途端に寒くなるという不思議な気候に戸惑いつつちゃんと汗かけてるのかこれと不安なる次第でございます。

 さてはて。
 本日お散歩中に考えていたのは「ありきたりの話を飽き飽きしながら読むくらいならどう捻ったらよかったのか考えてみよう」でございます。
 題名が長いのは最近のラノベブームに便乗して・・・・・え? 便乗できてない?
 なお、事前にハッキリと申し上げますが腐女子目線での思考が書いてありますので、腐系の発言が受け付けないのであればブラウザバクをお願いしたく。

 ジャンププラスというサイトがございまして、そこで新連載となる作品は一週間くらい無料で読めるわけです。
 ……いい年してまだ少年漫画が愛読書なのかっていう突っ込み話でお願いしたく。
 まあ、ごちゃごちゃはともかく、今週も新連載が載っていたわけです。
 あらすじ書いちゃうと、拉致→第一犠牲者「こんなところにいられるか! 俺は逃げるぞ!」→(ガブガブ)→生き残るために頑張ろうというかんじ。あら不思議まるで人狼ゲーム。

 読んだ感想ですが、正直、拉致からの命がけというお話は……食傷気味かなと。たんにワタクシがそういう話を好みとしないためかもしれませんが、多分次の話が掲載になっても見ないかなぁ? というかんじ。


 じゃあ、「どんな話だったら読んでみたくなるのか」という観点で考え始めました。
 新連載のお話からお借りする設定は「山奥」「学校」「ガブガブゴクン」です。

 まず「拉致もしくは自分の意志で行く」関係なく、とりあえず作った架空の学生をモデルすら準備してない山奥の学校にぶち込むことから始めましょう。
 んで、第一犠牲者さんにはテンプレ行動として始業式をエスケープしてもらいましょう。
 教員の皆さまにはエスケープしようとしていた第一犠牲者さんを捕まえてもらいましょう。
 
 んで、ここで「ガブガブゴクン」が初登場。
 始業式のために集まっている学生たちの前で、第一犠牲者さんをガブガブゴクンしてもらいます。

 第一犠牲者さんは 無残な姿で 発見された!

 が完成するわけです。
 
 ただ、ここで第一犠牲者さんを死体にしてしまえば食傷コース一直線です。
 なのでここで話をひねります。

 食べたそばから、食べたそいつがいきなり卵をペッと生むわけです。
 んで、ペッされた卵からは女になった第一犠牲者さんがビーナス誕生するわけです。都合よく髪の毛に伸びてもらって大切なところは隠しましょう。だから一応マッパで大丈夫。制服さんは犠牲になったのだ。

 そして知らされる事実。
「学校の規律を乱したらーガブガブゴクンペッで女の子に作り替えちゃうぞ☆」きゃぴ☆
 これは大変な学校に入学してしまった。と焦る学生さんに追い打ちをかけましょう。
「1年たてば男の子に戻れるけどぉ、エッチしちゃったら一生男の子に戻れないから気を付けるんだZO☆」
 笑顔で告げる校長からの生徒たちの阿鼻叫喚。
 
 山奥の学校で。
 飢えた獣の中に放り込まれる元少年今美少女。
 果たして彼(彼女)は無事男に戻って卒業することができるのか?!
 つ・づ・く☆
 視点としては、学生に置くよりも先生に置くほうがいいのかな? そのほうがいろんな子供たちのあれこれを描いていけそう。


 こんな話ならどうか。
 うん、私的にはこちらの話のほうが読んでみたい気がする。
 いやしかし、姿かたちは女の子になるものの、その少女は男なわけで。
 これって、実際の読み物にするとしたらBLカテゴリに入るんだろうか。それともNL? そもそもシリアスじゃないよねギャグ漫画?
 とかいろいろいろいろ考えている間に散歩は終わっておりました。
 やっぱり散歩中は妄想がはかどります。

 KIMG0481[1]
 日常の中にも、しっかりと目を向けてみれば意外な見え方するものもあるものだと思いましたです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この言葉で探してみる!
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ